肌を美しく、白くするために最も重要な考え方を教えます

肌を美しく、白くするために最も重要な考え方を教えます

肌が綺麗になることだけが本当に最終目標?

肌を白くする方法やクリームを求めてこの記事を読まれている方は多いでしょう。
肌を綺麗にしたい、シミを消したい、もっと白くなりたい。
そんな願いは、女性の多くが持つものです。

 

特に、年齢とともに衰えてきた肌に対する恐怖は誰しもが感じることです。
そのまま放っておくことは到底できないでしょう。
何らかの手立てを打って、少しでも若いままでいたいと願うかもしれません。

 

しかし、ここで前提を覆すようなことを確認しますが、美白が本当の目標なのでしょうか?
そもそも、美白や美肌に対して意識が強まったことには何かきっかけがありませんでしたか?

 

このページ最下部にリンクしてある記事、「肌を白くするクリーム肌を白くする方法はたった一つだけ」を見ることで、お肌を白くするために最も効率的な方法を深く学べます。

 

Aさんは「肌にシミがあるね」と言われたことが原因

例えば、私の友人の場合、旦那さんに「肌にシミがあるね」と言われたことが原因だったそうです。
もともと几帳面で、若い頃は美しさをよく褒めてくれた目の効く旦那さんだったそうですが、やはり言葉にされると傷つきます。
昔と比較してそう言われたのだろうか、と想像すると、自分の老化を悲しく感じたそうです。

 

あるいは、私も同じような経験があります。
老いとともにうっすらと茶色いモヤのようなくすみが出てきたことは自覚がありました。
しかし、これも年とともに出てくるものかと思い、あまり気にしてなかったのです。

 

そんな折、あるプロフィール写真を撮影することになり、メイクアップをプロの方が担当することになりました。
普段はない体験なので大変楽しみにしていたのですが、そのプロの方が「ちゃんと隠しますから大丈夫ですよ」とささやいたのです。

 

美のプロが隠さなければならないと判断するものが自分の顔にある、と知った時はショックでした。
今までは気にしていなかったものが、逆に気になってしまったのです。

 

誰しもが、美白に対して意識を持ち始めるきっかけは、誰かから言われた一言や何かの体験なのではないでしょうか。
もちろん、ご自身が美容に対して強い意識を持っている場合もあるでしょう。
しかし、そういった方も自分以外の誰かに指摘されるのは言語道断という意識で美容に臨んでいるはずです。

 

こういったきっかけが生じると、焦りと不安が生まれます。
どうすればその問題を解決できるだろうか、と、様々な解決法を探りだします。
結局、美白や美肌に対する執着心が強くなってしまうでしょう。

 

肌のトラブルは今日までの蓄積が原因

あなたの年齢にもよりますが、ほとんどの場合、肌のトラブルは今までの蓄積の表れです。
つまり、即効性のある劇薬はないのです。
しかも、若いころと比較して何かが増えたことや変化したことを悔やんでも、仕方がありません。
そういった変化が起こる積み重ねを、既にしてしまった後なのですから。

 

これは、決してシミに対して諦めることを推奨している言葉ではありません。
少し気を楽に持ってほしいというメッセージです。

 

例えば、もしもあなたが肌にシミがあっても、旦那さんに「綺麗だね」と一言褒められれば問題ないのではないでしょうか。
あるいは、私だってプロが一回の化粧で隠すことを選択したシミに対してくよくよ悩む必要はないかもしれません。

 

有名な話として、シャロンストーンは40代でディオールのミューズに抜擢されました。
当時は20代のモデルが主流だった化粧品のミューズに40代が選ばれることは異例です。
その理由は、彼女が貧困に悩む国に対し、寄付を求めた姿勢が美しかったというものでした。

 

20代の若いモデルや女優では到底できない決断力と、意志の強さ、そして行動力。
こういったものが、美しさとして世界を牽引する化粧品ブランドに評価されたのです。

 

あなたの美しさも、こういったものかもしれません。
肌が白くなることや美しくあることはもちろん、美しさの指標ではありますが、もっと根底にある美しさに目を向けてみましょう。
他人にとやかく言われず、自分の志で美しさを保つ努力をするあなたなら、自然体で美しいのではないでしょうか。

 

肌の状態、美しさはあなた自身を表す

生活習慣を改め、良い習慣を継続することができれば、あなたの肌はおのずと回復していきます。
肌は内部の写し鏡になっています。
あなたが間違ったディレクションさえしなければ、内側から肌を美しくすることは必ずできます。

 

蓄積した時間が長ければ長いほど、改善にも時間を要するでしょうが、何歳になっても修復機能は死んではいません。
本当の美しさとは何か、ということを考えて対策を改めてみましょう。

 

まず、エステや手術など即効の効果が出るものに頼る前に、自分の考え方や生活習慣を変えるべきです。
誰かに言われた一言に自分の老いや肌の調子の自信を失う状態は、本当の美しい姿勢とは言えません。
自分の美しさの定義から見直し、ノートに書くなどして意識づけをしましょう。

 

生活習慣について

睡眠時間、食生活、運動。この3つの観点からご自身の生活習慣を振り返ってみてください。

 

睡眠時間は特に、肌の調子を左右する重要なポイントです。
睡眠時間は不足していませんか?あるいは、質が下がっていませんか?
寝不足の感覚が残ったまま日々を過ごしていると、肌の修復は後回しになってしまいます。

 

人間は、生命を維持するための機能に優先してエネルギーを送るようにシステムができています。
消化活動や脳の休息、体の内部の回復など様々なタスクが優先され、実は肌の優先順位は意外と低いのです。
睡眠中にあらゆる回復活動をしなければならないので、睡眠不足になると肌がまず荒れます。

 

食生活ではビタミン、食物繊維などの肌に関わる成分は摂取できていますか?
また、その成分の吸収を阻害する脂質などを過剰摂取していませんか?
野菜や果物を取り入れた、バランスの良い三食を心がけてくださいね。

 

運動も大切です

激しい運動をする必要はなく、ほんの30分から1時間程度の有酸素運動さえできれば大丈夫です。
最低限の運動を習慣付けるだけで、体は新陳代謝が活性化し、老廃物を出します。
また、運動の有無は睡眠の質の良し悪しにも関わります。

 

こういった習慣の見直しを図っているうちに、おそらく大多数の方の肌は調子が良くなっていくはずです。
そして何より、くよくよ悩んでしまう気持ちや、肌に対して神経質になってしまう心がリラックスするでしょう。

 

肌が綺麗になるということよりも、健康になるということや女性としての真の美しさを追求するということに焦点をあてましょう。
肌の美しさは、そのプロセスで必ず手に入れられます。
物事を細かくとらえるのではなく、全体でとらえ、目標を定めていきましょう。

 

▽▽肌を白くする方法や、肌を白くするクリームについて詳しく言及しているので参考にしてみてください。
参照:肌を白くするクリーム※肌を白くする方法はたった一つだけ

ホーム RSS購読 サイトマップ