美白に関わる薬と化粧品を理解して肌を白く、綺麗にする方法

美白に関わる薬と化粧品を理解して肌を白く、綺麗にする方法

肌を綺麗にするためには美白に関わる薬と化粧品を学ぶ必要がある

美白や美肌に効果のあるものには、薬と化粧品、そして医薬部外品という三種が存在します。
外側から何らかの処方を経て美白に取り組みたいと思った方は、このどれかを求めたと思います。
しかし、薬というと病気のようですし、かといって化粧品だと効果が弱そうな気がしますね。
人によっては、シミやくすみが病気だと考える人もいます。

 

このように、肌のトラブルは人によって症状が千差万別ですし、それに対する適切な処置もそれに応じてそれぞれになります。
そのトラブルに対する主観的な印象の違いもありますが、三種の処方がそれぞれどのように区別されているかは知っておくべきかと思います。
今回は、薬、化粧品、医薬部外品の区別について紹介します。

 

このページ最下部にリンクしてある記事、「肌を白くするクリーム肌を白くする方法はたった一つだけ」を見ることで、お肌を白くするために最も効率的な方法を深く学べます。

 

肌を白く、美しくするために「薬、化粧品、医薬部外品」の区別について学んでおこう

まず、薬はいわゆる処方箋が必要なものとなります。
病院で医師が見ることによって、薬の服用が必要と診断されて初めて得られるものです。

 

あるいは、薬局で買えるものもあります。
薬局で購入できるタイプのものは、医師からの処方箋が必要なタイプの薬よりも成分は薄くなっています。
このいずれも、薬と呼ばれるものは、その効能を謳うことができます。
つまり、「風邪を治す」「胃もたれを治す」といった、トラブルに直接作用する効能を発揮するということですね。

 

この薬には、反面副作用というものが必ずついてきます。
正しい服用をしなければ、毒となってしまうという見方もあるでしょう。
風邪薬を病院で処方されると、胃を荒らさないための薬もセットで処方されることがあります。
こういった、強い効能によって他の部位を傷めてしまうものも少なくありません。

 

医薬部外品について

これに対して医薬部外品は、各種試験をクリアした成分を配合したことを国から認められている商品となります。
国の厚生労働省が管轄している基準は、基本的に効能を発揮する以下のレベルでしかクリアできません。

 

例えば、予防効果のある商品がこれにあたります。
美白の場合は、現状の肌の黒さを白くすることはできませんが、今後これ以上黒くならないためには効果があるということです。

 

主に化粧品会社が成分の安心性を高めるために医薬部外品として売り出している商品は少なくありません。
しかし、これが薬と同じような効果を発揮するかというと、そうではないということを覚えておく必要があるでしょう。

 

ちなみに医薬部外品は、成分の全てを表記する義務が法律では指定されていません。
つまり、皆さんの手元に商品が渡る際、成分表を見ても不明点があるかもしれないということです。
厚生労働省で定められている規定はクリアしていることはわかっていますが、自分の目でそれを確認することはできません。

 

もちろん、透明性を意識して成分のすべてを記載している商品も少なくありません。
ただ、それが為されていなかったとしても、違反しているわけではないということです。

 

化粧品について

そして、化粧品はこの成分表記については2001年より全てを表記することが定められました。
成分表記の規定により、高い効能の成分を配合することが現在の主流となっています。
特に臨床データに基づいた化粧品の開発はめまぐるしく進化しており、美容効果に適応する成分については発展が続いています。

 

したがって、医薬部外品と化粧品を比較した場合、化粧品のほうがより効能の高いケースが近年は多くなっております。
このことから、単純に効果・効能という観点から考えた時は、医師からの処方箋があった場合は薬を、そうでない場合は化粧品を使うことを勧めます。

 

もちろん、これに応じない場合もありますので、あくまで一般的な判断基準としてお考えください。
これを前提として、皆さんがご自身で判断して美白に関わる商品を買うときは、成分をよく見ることを心がけてください。

 

肌を白くする方法として効果のある成分は限られている

代表的なものとして、アルブチンやハイドロキノン、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどが挙げられます。
そのほか、リノール酸など油に関わる成分、コウジ酸、エラグ酸など自然由来の成分もあります。
これらは、美白に直結している成分というよりは、メラニン色素の異常生成を抑えるものや、メラニン色素生成の過程にある成分の発生を阻害するものです。
みんなそれぞれだけを過剰に摂取すれば良いのではなく、バランスが大切になります。

 

こういった成分がどのくらい入っているのか、ということをご自身で化粧品を選ぶ時には確認してください。
意外とこういった成分の名前が連なっていないものは、美白効果が見られない可能性があります。

 

また、成分によって、現在のシミやくすみを除外する力があるものと、シミやくすみに至っていないけれど今後出てくる可能性のある、シミの元を分解するものとに分かれます。
自身の肌の何を最初に解決したいのかという目標がこの化粧品の成分効果と食い違うと、思うような達成感は得られないと思います。

 

これらの注意点を踏まえた上で、ご自身が自信を持って成分を確認できたものは、購入してトライしてみましょう。
ここからの効果も千差万別になりますので、一度二度効果のないものに出会っても、積極的に他にトライしてみましょう。

 

肌のトラブルは、症状と呼べるほどの激しいものは少ない

ただ、積み重なるように少しずつ、肌に対する不安や焦りが募ることは決してよくありません。
自分の顔を鏡で見て嫌だなと思ったところからスタートする朝が続くと、精神的に滅入ってしまいます。

 

化粧品も薬の一種と捉え、自分の精神的負担を軽減するものを自分の肌に与えているという感覚で探すと良いでしょう。
なんとなくブランド品だから選んでみる、高価だからきっと効くなどの憶測で手を出すことは避けてください。
化粧品を洋服などと同様の身に着けるものとして捉えている方は少なくありません。

 

本当は、化粧品は薬に近いものです。
あなたの毒になるとまでは言わずとも、効果が発揮される成分が入っていなければ無駄なのです。

 

今回は、薬、化粧品、そして医薬部外品の定義と、美白に対する効果についてご紹介しました。
これに加えて成分の知識も増やし、あなたにぴったりの商品を手に入れてくださいね。

 

▽▽肌を白くする方法や、肌を白くするクリームについて詳しく言及しているので参考にしてみてください。
参照:肌を白くするクリーム※肌を白くする方法はたった一つだけ

ホーム RSS購読 サイトマップ