お肌を白くするにはどうすればいいの?色白くなる方法を教えます

お肌を白くするにはどうすればいいの?色白くなる方法を教えます

シミの種類と原因―シミを予防する地盤作り

シミと一言で言っても、様々な種類があり、その原因もそれぞれです。
今回は、シミの種類と原因について紹介していきましょう。

 

このページ最下部にリンクしてある記事、「肌を白くするクリーム肌を白くする方法はたった一つだけ」を見ることで、お肌を白くするために最も効率的な方法を深く学べます。

 

代表的なシミのひとつが、ソバカスです。
医学的には雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれ、遺伝性のものが多いです。
10代から鼻を中心にぷつぷつとした模様が現れますが、これを消し去ろうとするとなかなか難しいのが現状です。

 

ソバカスは一般的な美白を目的とする美容品では対処できません。
自分の持って生まれたひとつの特徴としてポジティブに受け止めることをお勧めしますが、気になる方は皮膚科の医師に相談してみましょう。
次によく見られるケースが、老人性色素斑です。

 

老人性色素斑について

これは、日焼けが原因で現れるシミで、40代を中心として見受けられる症状です。
ファッションとして日焼けさせていた肌や、サーフィンなどの趣味を持っていた方の肌は、20代頃から見られる場合もあります。
日焼けに対する対処がいかに若いうちからできているかが予防のポイントですね。

 

また、このシミを放っておくと脂漏性角化症というイボが出てきます。
よく、老人の方の肌に丸いイボが出ているのを見かけませんか?
あれは若い頃の紫外線対策ができていなかったことと、その後の肌へのケア不足からできるものなのです。

 

肝斑は薄く茶色いシミが肌全体に広がる症状です。
原因はホルモンバランスの変化によるものと言われ、女性が妊娠した時や月経が止まった時に生じるケースが多いものです。
30代から40代の女性に見られることが多く、肌のトラブルというよりホルモンバランスの影響で起こることだと理解しておいてください。

 

また、火傷やにきびなどの炎症が継続することで肌にシミを作ってしまうこともあります。
肌に起こる炎症を出来る限り早く治すことを意識しましょう。

 

時間の経過とともに色濃くシミになってしまった肌を見ると愕然とするかもしれませんが、この色素沈着に対しては美白成分による改善が図れますので、ご安心ください。
他にも、目に見えない刺激だけでなく、物理的な刺激によるシミの生成もあります。

 

摩擦黒皮症について

摩擦黒皮症は、強い刺激を肌に受けている状態が継続するとできる黒いシミです。
意外と摩擦黒皮症を引き起こす原因として挙げられているのが、体を洗う時の習慣。
たわしのように刺激のある硬い物質で、ゴシゴシと強く洗う癖のある方は、黒いシミができやすくなってしまいます。

 

本来、人の肌は老廃物や角質を落とすだけでよく、優しい手洗いでも十分だと言われています。
あまり強い摩擦を肌にかけないよう、日々の習慣を見直してみましょう。

 

このように、シミの種類によっては単なる肌のトラブルと分類することができないものも多々あるのです。
中には対処方法があまりないものもありますし、シミの深刻さも原因によってそれぞれ。
このことを理解したうえで、今からできる予防と対策を練っていく必要があります。

 

肌のシミ、ソバカス予防と対策

まず、あなたが悩みを持っている肌がこれらのシミにはまだ発展していない、浅い日焼け程度のものでしたら、美白効果のある美容品にトライしてみてください。
また、ご紹介した炎症による色素沈着の場合も、日焼け同様の美白成分が効果を発揮してくれます。

 

その他の場合は、生活習慣を改めることや、今からできる予防策をたてることが優先でしょう。
自分のケースに応じた対処をすることで、肌に負担をかけず、自分の最適な美白スタイルを手に入れてください。

 

また、こういった名称のついたシミの種類と原因にかかわらず、シミができやすい地盤とそうでない地盤があります。
肌はあなたの生活リズムや食生活を全て総じて結果を見せている部位なので、あなたの生活習慣の心がけによってシミのできやすさをコントロールすることができるのです。

 

睡眠はもっとも肌のケアに重要な生活習慣

夜10時から深夜2時までの4時間の間、肌は最も修復効果を発揮します。
睡眠開始から3時間、人の成長ホルモンや回復活動が盛んになることを併せて考えると、この4時間の間に睡眠できるかどうかが肌の基盤の要になります。

 

また、人の肌が完全に修復するには最低でも6時間の休息が必要です。
夜間に仕事をしなければならない方も、子育てなどの都合上深夜まで寝られない方もいるでしょう。
知識として覚えてほしいのは、ベスト睡眠は22時以降睡眠を開始し、6時間睡眠をキープするということです。

 

可能な限りこれに近づけると、シミができにくいベースをつくることができます。
肌が修復しきらない状態で次の日を迎えることの積み重ねが、肌を弱らせ、シミにつながっていきます。

 

シミとまではいかずとも肌がくすむ、あるいは荒れる、脂が浮くといった症状も、全て肌の回復がうまくいっていない証拠です。
要因となるものは様々ですが、睡眠による回復が足りていないことをまず疑うべきかと思います。
毎日が難しい方は休日だけでも良いので、意識して睡眠時間を増やしましょう。

 

質の悪い睡眠も、睡眠時間の少なさと同様に肌に影響を与える

日々疲れすぎて眠れないという方や、深夜に飲酒する習慣のある方は、要注意です。
深い眠りをとれないと、肌だけでなく、体や心の回復もできないまま次の日を迎えることになります。

 

一度悪いサイクルを作ってしまうと、なかなかぐっすり眠れる日は来ません。
不眠症の自覚がある方や、最近ストレス過多だと感じる方は、肌の調子を見て一度休息をしっかりとるよう意識しましょう。

 

こういった睡眠に対する意識を変化させることで、多くの肌のトラブルは解決します。
もちろん、一晩よく眠ったから次の日肌の調子が激変するという目に見える効果はないでしょう。
しかし、継続的に意識することで、確実に肌はよくなっていきます。
わずかでも変化が感じられれば、継続するモチベーションも湧いてくることでしょう。

 

まとめ

これまで述べたことに加えて、メイミーホワイトのように効果が具現化されるものを併用すると、より肌に対する意識が向上するかもしれません。
▽▽肌を白くする方法や、肌を白くするクリームについて詳しく言及しているので参考にしてみてください。
参照:肌を白くするクリーム※肌を白くする方法はたった一つだけ

 

ぜひ睡眠という地道な努力にプラスアルファを与えることで、自分が続けられる状態を作ってみてください。

 

今回は睡眠を例に取りましたが、この他にもシミに繋がる生活習慣は多々あります。
こういった日常生活での心がけが、大きな災いを予防することになりますので、ぜひ意識してみてください。

 

メイミーホワイトについて詳しく見る

ホーム RSS購読 サイトマップ