肌を白くする方法、紫外線対策がかなり重要なことを知っていますか?

肌を白くする方法、紫外線対策がかなり重要なことを知っていますか?

白い肌を手に入れる、太陽にあたる必要がある人のための紫外線対策

日光がシミの原因を作ることは、既に皆さんご存知のことかと思います。
当然、美白にこだわりのある方は、日光は敵とお考えでしょう。

 

しかし一方で、例えばお仕事の都合上どうしても外を歩く頻度の多い方もいるかもしれません。
あるいは、ランニングや趣味の山登りなどで紫外線を浴びる場に行くことがある方も。

 

そういった方にとって紫外線対策は頭を悩ませるものだと思います。
今回は、日に当たる場合の適切な紫外線対策について紹介します。

 

このページ最下部にリンクしてある記事、「肌を白くするクリーム肌を白くする方法はたった一つだけ」を見ることで、お肌を白くするために最も効率的な方法を深く学べます。

 

紫外線の概要について簡単に説明

紫外線(UV)にはB波とA波があり、それぞれ肌に与えるダメージのタイプが違います。

 

B波はエネルギーが強く、日焼けの原因となるものです。
肌が熱く感じられるのはB波によるもので、色白の方は赤く炎症のようにダメージが出ます。

 

一方、A波は表皮の奥の真皮まで到達し、奥深くでダメージを与えます。
目には見えませんが、蓄積していったときシミになりやすいのはA波です。

 

それぞれ肌にダメージを与えるUVですが、これを防ぐ日焼け止めにもこれらの波にわけた効果があります。
よく、日焼け止めクリームにSPF、PAというアルファベットが並んでいるのを見られるかと思います。
これは、PAがA波に対するカット効果、SPFがB波に対するカット効果をそれぞれ表しているのです。

 

数値が高くなればなるほどそれぞれのカット効果が高くなりますが、この数値の指標はたっぷり塗ることを前提としたものです。
つまり、うっすらと塗った状態ではその効果が半減してしまいます。
また、塗るときにもポイントが必要です。

 

効果的なクリームの塗り方

まず、べたつくことが苦手な方も含め、シミを予防するためにはしっかりと塗りこみましょう。
塗る時に抜けもれがあると、そこから紫外線を吸収してしまいます。
まんべんなく塗ることを心がけてください。

 

また、シミに繋がりやすい部分には二度塗りを勧めます。
ポイントは鎖骨。鎖骨は顔ほどに意識していないため、日焼け止めクリームが薄塗になってしまいがちです。
しかし、シミの原因となる紫外線吸収のほとんどは鎖骨からスタートしていることがわかっています。

 

おでこや鼻などでっぱる部分も二度塗りしましょう。
凹凸で出っ張っている箇所は、それだけ日光に強く当たるからです。

 

これに加えて、日光に当たることが日常的である方や、あらかじめ強い日光に当たることがわかる日は、更に注意が必要です。
ファンデーションは紫外線カット効果のあるものを使ってください。
リキッドタイプとパウダータイプがありますが、お肌の調子にあわせて選びましょう。

 

ちなみに、パウダータイプは一日中効果を発揮することは難しいです。
汗に流れやすいですし、ムラができやすいため、何度もお化粧直しができることを前提としたシーンで使いましょう。

 

化粧品の酸化に注意してクレンジング

そして、これらの予防をして日光に当たるイベントが終わったあとは、必ずその日のうちにクレンジングしましょう。
怖いのは、日光によってダメージを受けた肌に残った化粧品が酸化することです。
日光に当たった日は、いつも以上に入念に汚れと化粧を落とすよう心がけてください。

 

特にリキッドタイプのファンデーションは強く、なかなか完全に落としきることができません。
二回洗いしてもかまいませんので、肌がすっきりとするまで洗い落とすようにしましょう。

 

ちなみに、日光にあたることで肌に気遣いが必要なのは、紫外線対策だけではありません。
一日中外にいるとき、肌は異常に乾燥します。
肌が含んでいた水蒸気や潤いが全て日光によって蒸発しますし、空気に晒されることでカサカサになります。
こういった乾燥による傷みが後の肌のトラブルに繋がることは少なくありません。

 

乾燥対策や肌の休息も大切

乾燥対策として、前日にパックやシートマスクをして、十分に肌に潤いを閉じ込めておくことを勧めます。
お好みの商品で構いませんので、潤い成分を肌に与えてくれるものを選んでください。
そして、日光にあたった後日に、乾燥した肌に潤いを補給するために同じくパックしてみましょう。

 

このくらい入念な乾燥対策をしないと、肌は元の状態に回復するのに時間がかかり、その間にシミの元や肌荒れを生んでしまいます。
当然、睡眠不足はもってのほかです。

 

よく、テニスサークルなどの屋外イベントに参加すると、日中たくさんの日光に浴びた上、深夜まで起きている方も多いようです。
しかし、肌が回復するのは睡眠している時のみです。
この日の休息を怠ってしまうと、肌が回復するまでに二倍の時間がかかってしまいます。

 

また、多忙な方も多いと思いますが、日光に長時間当てるだけでも肌は過労状態になっています。
肌が日中大変な疲れを必要とする日は、できる限り他の心労や用事を詰め込まないようにしましょう。
人間の体は、内部の回復に対してエネルギーを使うことを優先し、肌は後回りになります。
内部での疲労がたまりすぎていると、いくら休息をとっても肌の休息は後回しになってしまう可能性があります。

 

飲酒も控えて、太陽にも要注意

一日中日光を浴びたあとは程よい疲労感が感じられ、アルコールも良く回ると思います。
そうすると、つい多くのお酒を飲んでしまう可能性が高くなります。
結果として、多量の飲酒は深い眠りを妨げる効果があり、肌の休息がままならないまま朝になってしまうかもしれません。

 

肌のことを大切にしてあげる観点から言えば、日光に当たる日は超S級の危険日です。
様々な配慮をしてあげることで、肌の修復を最優先にする状態を作りましょう。

 

また、余談ですが、逆に太陽に当たらないとどうなるかも紹介しておきます。
美白に意識が行き過ぎるあまり、日光に全く当たらないことを選択してしまう方もいます。
特に、若いころに太陽にあたる習慣があった方は、その後の紫外線対策に過剰になってしまうことが多いです。

 

日光に当たることによって人間の体が分泌している成分のひとつが、ビタミンDです。
ビタミンDは、骨の生成や、骨の強度に関わっています。
ビタミンDが不足すると、カルシウムが摂取できなくなり、骨が折れやすくなります。
また、更に過度のビタミンD不足が進行すると、手がしびれる、頬が痙攣する、思考があいまいになるなどの症状が現れます。

 

美白に対する過度の意識がこうしたビタミンD不足をもたらしていることも、紫外線対策の反面起こっています。
適度な日光との接し方が大切であるということも、頭の片隅に入れておきましょう。

 

人に必要な日光との接触は、一日10-15分だそうです。
この時間は、できれば日焼け止めなどの対策をしない状態で、体の一部を日光に当ててあげると良いでしょう。
足の裏や手のひらなど、日焼けしてもかまわない部分だけでも構いません。
特に朝、日光に浴びる習慣を作ると、ホルモンバランスも整います。

 

こうした太陽と美白との関係性を理解したうえで、適切な紫外線対策を心がけましょう。

 

▽▽肌を白くする方法や、肌を白くするクリームについて詳しく言及しているので参考にしてみてください。
参照:肌を白くするクリーム※肌を白くする方法はたった一つだけ

ホーム RSS購読 サイトマップ